「大麻」は「たいま」とも「おおあさ」とも読み、「麻(あさ)」や「ヘンプ」とも呼ばれています。
大麻草は、衣・食・住・医療の様々な産業分野に活用できるエコな植物であり、地球上のほとんどの地域で栽培可能で、3ヵ月で3メートルになる生産性の高さもあります。持続可能な社会の実現のため、地下資源から植物資源へという時代を大ききく転換させる植物です。
さらに、日本にとって大麻は、古代から現代に至るまで、神社祭祀において重要な意味を付与されています。「大麻」という言葉は、実は伊勢神宮から授与される神符・神札を指していました。

大麻草がよくわかるサイト

大麻草に関する最新ニュース

大麻入りクッキーを大量に食べたチワワが極楽様に!
徳島県吉野川市、麻の生産復活推進へ
大麻には脳神経細胞の破壊を抑制し認知症予防の効果がある
末期がん治療目的で大麻使用、無罪主張の山本正光被告死去
高樹沙耶氏、武田邦彦教授らが大麻が脳に悪影響の報道に異議
医療大麻の解禁を求める国内唯一の政党が姿を消す
大阪大、合成大麻が脳の神経回路に悪影響を与えることを発表