「大麻」は「たいま」とも「おおあさ」とも読み、「麻(あさ)」や「ヘンプ」とも呼ばれています。
大麻草は、衣・食・住・医療の様々な産業分野に活用できるエコな植物であり、地球上のほとんどの地域で栽培可能で、3ヵ月で3メートルになる生産性の高さもあります。持続可能な社会の実現のため、地下資源から植物資源へという時代を大ききく転換させる植物です。
さらに、日本にとって大麻は、古代から現代に至るまで、神社祭祀において重要な意味を付与されています。「大麻」という言葉は、実は伊勢神宮から授与される神符・神札を指していました。

大麻草がよくわかるサイト

大麻草に関する最新ニュース

新橋で高樹沙耶氏「医療大麻の導入で医療費の削減を」
米国政府、 8月1日より医療大麻を合法化
米マイクロソフト、合法大麻ビジネスの支援事業に参入
対立ではなく提案を。医療大麻の研究推進!₋新党改革荒井代表
米国でボディに大麻繊維を使用した自動車を発表 
ドイツで医療大麻合法化への動き
大麻合法化訴える元女優・益戸育江さんが参院選出馬へ