「大麻」は「たいま」とも「おおあさ」とも読み、「麻(あさ)」や「ヘンプ」とも呼ばれています。
大麻草は、衣・食・住・医療の様々な産業分野に活用できるエコな植物であり、地球上のほとんどの地域で栽培可能で、3ヵ月で3メートルになる生産性の高さもあります。持続可能な社会の実現のため、地下資源から植物資源へという時代を大ききく転換させる植物です。
さらに、日本にとって大麻は、古代から現代に至るまで、神社祭祀において重要な意味を付与されています。「大麻」という言葉は、実は伊勢神宮から授与される神符・神札を指していました。

大麻草がよくわかるサイト

大麻草に関する最新ニュース

米国で広がる大麻合法化。嗜好品、医療用で栽培機運
逆風吹く中、三重の大学と神社界が大麻栽培に本腰
高樹沙耶逮捕は大麻の有害無害を検証する絶好のチャンスだ!
高樹沙耶容疑者「大麻逮捕」に厚生労働省の“隠れた意図”?
鳥取の町おこし大麻栽培者逮捕事件に見る法律と制度の矛盾
カリフォルニア州、11月に嗜好大麻解禁へ向けた住民投票
大麻入りクッキーを大量に食べたチワワが極楽様に!