「大麻」は「たいま」とも「おおあさ」とも読み、「麻(あさ)」や「ヘンプ」とも呼ばれています。
大麻草は、衣・食・住・医療の様々な産業分野に活用できるエコな植物であり、地球上のほとんどの地域で栽培可能で、3ヵ月で3メートルになる生産性の高さもあります。持続可能な社会の実現のため、地下資源から植物資源へという時代を大ききく転換させる植物です。
さらに、日本にとって大麻は、古代から現代に至るまで、神社祭祀において重要な意味を付与されています。「大麻」という言葉は、実は伊勢神宮から授与される神符・神札を指していました。

大麻草がよくわかるサイト

大麻草に関する最新ニュース

ドイツで医療大麻合法化への動き
大麻合法化訴える元女優・益戸育江さんが参院選出馬へ
大麻で劇的改善の末期がん患者が逮捕された注目の裁判
カナダでマリフアナ合法化の動き
新党改革・荒井広幸氏が国会で大麻草の研究の必要性を力説!
ハワイでは医療大麻を薬局で買う事ができる様になります
米国で「合法大麻」 市場の規模が6500億円に急拡大