Webまとめトップ

朝青龍銀行NI Bankと暗号通貨プロジェクト「AIS」との太い関係

朝青龍

モンゴルの政治・経済の中枢と関わる元大相撲横綱、朝青龍。
その彼と、鉱山大臣、国家開発庁長官などの有力者が関わっていると噂される国家レベルのプロジェクト「AIS」の真相に迫る。


遊牧民によるプラスチックゴミ問題に取り組む
「死んだ羊の胃袋の中には、草よりもプラスチックが多かった」「腸もプラスチックで詰まって、死んでいった牛は何頭もいた」
プラスチックが家畜を媒体に人間の体を侵食しているだけでなく、環境破壊にもつながっている。
「飲んだら持ち帰ろう」というキャンペーンを数年前から先頭に立って進めている人物がいる。日本の大相撲で活躍していた元横綱朝青龍のドルゴルスレン・ダグワドルジだ。
出典 ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

人生を目いっぱい生き抜こうと決心
朝青龍はいま酒を飲んでいない。
現役時代の反省を生かせずにモンゴルでも酒席でトラブルに巻き込まれたのをきっかけとして、人生を目いっぱい生き抜こうと心に決めたようだ。
引退後は母国で実業家として成功を収め、不動産事業などに加えて最近ではモンゴルで栽培したそばを日本に輸出するビジネスに力を入れている。
出典 Number Web - ナンバー

モンゴルの政治・経済の中枢に鎮座する朝青龍兄弟

朝青龍兄弟が株式の大半を持つモンゴル銀行NI bank
NI Bankは日本にも拠点を持つモンゴル有数の銀行であり、モンゴル政府の中枢の人々との関わりが深い銀行です。
大相撲の元横綱・朝青龍ことドルゴルスレン・ダグワドルジ氏は、現在、大統領の秘書官ですが、彼はNI Bankの筆頭株主です。
また、その兄のソミヤバサル氏もNI Bankの大株主です。現在彼はモンゴル国家の鉱業大臣で、過去にはモンゴルの首都・ウランバードル市長も歴任しました。

モンゴルのNIbank
出典  暗号資産トークンズ

朝青龍「総資産100億円」に有吉驚き! モンゴルでのビジネス明かす~
朝青龍はまず、「事務所がこの中にあるので…」と国会議事堂の中へと案内し、日本担当の大統領特使を務めていると肩書きを伝えた。
また、一等地にサッカーコート4面分の土地を所有。その敷地内には、数億円で買収してオーナーになったサーカスやレストランがあり、さらに自身が経営する銀行も......
出典 マイナビニュース

NI Bankと「AIS」プロジェクトとの太い関係

朝青龍の次なる野望
大相撲の元横綱・朝青龍のドルゴルスレン・ダグワドルジ氏は、TV出演の中で自己の総資産額が約100億円であることを激白した。彼はモンゴルの有力銀行NI Bankの大株主でもあった。
次なる野望は仮想通貨を絡めたモンゴルの鉱山開発事業だ!
出典 sharetube

モンゴル有力銀行・証券会社との提携で、総合金融サービス業を目指す
AISとはモンゴルの仮想通貨取引所を中心とした金融複合プロジェクトです。モンゴルの国際的な銀行(NI Bank)や証券会社との提携が行われ、仮想通貨と金融サービスの融合、NI Bank内部のサーバーを利用した強固なセキュリティを実現していきます。
出典 仮想通貨サテライト

国家開発庁長官がプロジェクトを後押し
国家開発庁長官のバヤルサイハン氏もNI Bankの大株主です。
彼は政府において仮想通貨の規制を作る側の立場にある人物ですが、AISプロジェクトに対しては支援を行っています。
出典 sharetube

ICO実施中の注目の仮想通貨「AIS」

モンゴルの鉱山資源採掘事業、仮想通貨マイニング事業、仮想通貨取引所事業の3つの有力プロジェクトが連結する大型ICO「AIS」が実現しました。
出典 sharetube|2019年にブレイクが予想される有望アルトコイン

AISプロジェクトが行う事業
・仮想通貨取引所 「AIS-X」 ―銀行(NI Bank)との太いパイプが実現
・鉱山資源採掘(資源マイニング)  -モンゴルは未開拓の資源大国
・仮想通貨採掘(仮想通貨マイニング)  -モンゴルの気候と電気料金が好条件
・AIコンシェルジュ -AIがユーザーの行動特性分析を行い投資アドバイス
出典  暗号資産トークンズ

AISトークン保有者の特典
AISトークンの保有者には仮想通貨マイニングの利益、資源採掘の利益、取引所の利益からトリプル配当を受け取ることが出来ます。配当はAISトークンによって支払われます。
利益の30%が配当対象となり、AISトークンの保有量に応じてその還元率が定められています。
また、仮想通貨取引所「AIS-X」の取引手数料と送金手数料は、AISトークンの保有数に応じて割引が実施されます。
出典  暗号資産トークンズ

AISは、世界的な通信網を持つAP通信社をはじめ、Bisiness Wire、Financial Post等多数のメディアで紹介されています。世界中のメディアで紹介されているので、注目度の高いプロジェクトと言っても過言ではありません。
出典  NIEX LLCのプレスリリース

AISプロジェクトのタイムスケジュール
2018年07月:モンゴル国内銀行NI BANKと提携に関するMOU を締結
2018年09月:モンゴルにてAIS PROJECT の運営法人NI-EXを設立
2018年10月:トークンのプレセール開始
2018年11月:暗号通貨マイニング事業開始
2019年04月:AIS-X取引所プレオープン
2019年06月:AIS-X取引所グランドオープン
2019年07月:トークンのクラウドセール
2019年09月:コンシェルジュβ完成、資源マイニング投資開始
2019年11月:AIコンシェルジュアプリ リリース
※トークンの上場は2019年夏の予定。
出典 AIS

AISトークンの購入の仕方

トークンを購入するためは、AIS公式サイトでアカウント登録が必要です。

AIS公式サイト アカウント登録ページ

AISトークンのアカウント登録方法・購入方法の解説