Webまとめトップ

インフルエンザ対策は日常生活での予防から

うがい

インフルエンザは、インフルエンザウイルスによって引き起こされる呼吸器感染症。風邪に比べて症状が重く、乳幼児や高齢者では重症化することもあります。


インフルエンザと新型インフルエンザの違い

「インフルエンザ」とは、インフルエンザウイルスが体内で増えて、熱やのどの痛みなどの症状を引き起こす感染症です。
ほとんどの方は、一度かかるとその原因となったウイルスに対して抵抗する力が高まります。そのため、従来から流行している季節性インフルエンザに対しては、多くの人が免疫を持っています。
ところが「新型インフルエンザ」は、その前年までは一度も流行したことがないもので、新しいウイルスが原因、もしくは従来のウイルスの遺伝子が突然変異することによって発生。
季節性インフルエンザと大きく構造が異なるために、多くの人が免疫を持っていないために、容易に感染が拡大して、多くの人の健康や経済に大きな影響を与えることになります。
出典 インフルエンザとは?|知っておきたい!家庭の感染と予防|サラヤ株式会社 家庭用製品情報

インフルエンザの症状を早めにチェック

この3つのチェックポイントが揃うことがインフルエンザの特徴です
CHECK1. 地域内でのインフルエンザの流行
CHECK2. 急な発症 ※前触れとしての鼻水や咳、くしゃみなどが続くことなく、急に高熱になって続く。
CHECK3. 38℃以上の発熱/悪寒

他にも次のような要注意ポイントもあれば、インフルエンザを疑いましょう。
CHECK1. 関節痛/筋肉痛
CHECK2. 倦怠感/疲労感
CHECK3. 頭痛
CHECK4. 寝込む

また、次のいわゆる"かぜ症状"もほとんど同時か、やや遅れて現れます。
CHECK5. 咳/鼻汁/くしゃみ
CHECK6. 喉の炎症
出典 インフルエンザ情報サービス

日常生活でできるインフルエンザの予防法

1.栄養と休養を十分取る
 体力をつけ、抵抗力を高めることで感染しにくくなります。
2.適度な温度、湿度を保つ
 ウイルスは低温、低湿を好み、乾燥しているとウイルスが長時間空気中を漂います。
加湿器などで室内を適度な湿度(50~60%)に保ちましょう。
3.外出後の手洗いとうがいの実施
 手洗いは接触による感染を防ぎ、うがいは口の中を洗浄し、のどの乾燥を防ぎます。
4.人ごみを避ける
 病原体であるウイルスを寄せ付けないようにしましょう。
5.マスクの着用
 罹患した人には、咳やくしゃみの飛沫から他人への感染を防ぐ効果もあります。『人に対して』という意味で『エチケットマスク』などといわれることもあります。
出典 インフルエンザ情報サービス

インフルエンザ関連のニュースサイト

インフルエンザ - Bing News
インフルエンザ - 毎日新聞
インフルエンザのニュース情報 - goo ニュース