福田カレンのエネルギー栄養学

vol.7 情報を記憶する水

梅雨というと雨、雨といえば水。
ということで、今回は水についてお話ししていきたいと思います。

水には気体、液体、固体の3つの状態があるというのが常識ですが、実はその他にもう1つ、4つめの水の状態「「第四の水の相」があるということがわかっています。
”The Forth Phase of Water” (「第四の水の相」の意。邦訳は近日中に発売予定)の著者、ワシントン大学生物工学科ジェラルド・ポラック博士は長年水の研究を続けていますが、研究の結果「水にはハチミツほどの粘度のある状態=第四の水の相があり、液体から固体、固体から液体に状態を変える時は必ずこの状態を通ることがわかった」としています。
「第四の水の相」がなぜ大きな注目を集めるのか、その理由の1つに、この状態の水には情報を記憶する働きがある点を挙げることができます。

「水の情報記憶」といってすぐに思い浮かぶのが、ホメオパシーやフラワーエッセンスなど、水を媒介としたエネルギー療法ではないでしょうか。「水に波動を転写する」こうした療法に確かな効果があることは経験的に良く知られており、ヨーロッパでは保険のきく国もあるなど広く普及しています。とはいえ、科学的な根拠は弱い状況にありましたが、ポラック博士の研究は、水の情報記憶を科学的に裏付けるものです。
ホメオパシーやフラワーエッセンスだけではありません。「地球は水の惑星」といわれる通り、地球と地球上の全ての生命にとって水は欠かすことのできない大切な要素です。その水に関する新たな発見は、実に様々な分野に波及していくでしょう。

それではここで、水の情報記憶作用について簡単にご説明したいと思います。
一般的な液体の水において、水の分子は秩序を持たず、カオス状態であちこちを飛び回っています。それに対し「第四の水の相」は構造を持っているのが特徴です。六角形が重なったハチの巣のような構造が層になっているのですが、この「構造」こそ情報記憶のカギだと考えられているのです。
第四の水の相は、親水性の物質の表面0.1mmほどの部分に存在します。私たちの身体の細胞の大きさは0.1mmより小さいですし、細胞膜や、細胞内の物質も親水性です。つまり、人間や動物の体内の水や、植物の水分はほぼ全てが第四の水の相であり、情報を記憶する働きを持っているのですね。

ポラック博士自身、このテーマで講演をすると「第四の水の相は、私たちが健康を保つ上でどのように関与しているのか」といった質問を受けることが多いことから、今後は食べ物と第四の水の相との関連を調査していこうとお考えになっているようです。
現段階では、グリーンのコールドプレスジュース(植物から水分だけを抽出した「第四の水の相」そのもの)、ココナッツウォーター(ココナッツという生体内の水は「第四の水の相」であるため)、それからスーパーフードとも、アダプトジェンとも言われ、欧米でブームになっているターメリック(ウコン)も健康を維持する上で積極的に摂るべき「第四の水の相」だと述べています。
体内の水は「第四の水の相」ですから、ふつうの水を飲んだ場合、体内で「第四の水の相」に変換しなければならず、その分身体にとってはひと手間かかる、ということもあるそうです。

私は毎日のプチファスティング(1日の最初の食事はだいたい15時頃、グリーンのコールドプレスジュースから始めることで、食べない時間を長く取る)を習慣にしていますが、何かの都合で夕方までジュースを飲めない時など、いくら水を飲んでも喉が潤わないと感じることがあります。そんな時はきっと、第四の水の相が不足してきているのかな?なんて思ったりもしています。

「第四の水の相」については、邦訳版の翻訳を手掛けられた根本泰行博士(水の結晶写真でおなじみ、江本勝先生の研究を引き継いでおいでです)がとても詳しくていらっしゃるため、私も根本博士から情報と知見を共有していただきました。
水の結晶は1つとして同じ形にはならないそうですが、六角形である点は共通しています。「第四の水の相」の構造も、六角形が連なった形をしています。江本勝先生の研究は、海外では非常に高い評価を受け、博士号を持たない江本先生が「Dr. Emoto(江本博士)」と呼ばれていた反面、日本ではエセ科学などと批判されていましたが、ポラック博士の研究によって、偽物ではないことが証明されたことになります。

水には人間の思考や感情が転写され、記憶される。「料理は愛情」は科学的根拠を得たのです。

<第四の水の相を摂取するレシピ>
グリーンのコールドプレスジュース

・材料
お好みの葉野菜(小松菜、ケール、レタスなどを2~3種類)適量
グレープフルーツ(表面の固い皮を丸剥きしたもの)1コ

・つくり方
ジューサー(ミキサーやブレンダーではなく)でジュースを絞る。


グリーンコールドジュース

(2018.6.17 福田カレン) プロフィール


浄水器

水道水はもう飲めないという人に
太陽から届く光のエネルギーにはたくさんの素粒子が含まれており、それが地球生物の命を育む大切な要素となります。「素粒水」は振動を伴った素粒子エネルギーを発生する水です。

もっと見る