福田カレンの光を食べるレシピTOP

光を食べるレシピ vol.2 -ヘンプシードミルク

ヘンプシード

今月はヘンプシードを使ったシンプルなレシピをご紹介します。
子供の頃から牛乳が苦手な私にとって、長い間豆乳が定番でしたが、ここ数年は自家製のアーモンドミルクや、今回ご紹介するヘンプシードミルクも頻繁に飲むようになりました。
長時間の浸水が必要なアーモンドミルクと異なり、ヘンプシードミルクはその場ですぐ飲めて、とっても手軽。豆乳はなくても良いかも・・・?と思い始めています。

ヘンプシードやヘンプオイルにCBDオイルのような情報伝達物質は含まれていませんが、麻という植物と人間との深いつながりを考えれば、日常的にそのヴァイブレーションをいただくことによってbody, mind, spiritの健康が底上げされると感じます。

材料

ヘンプシード 1/4カップ
海塩 1つまみ
ソーラーウォーター(太陽光にあてた水) 1カップ
デーツ(甘味をつけたい場合) 1個(浸水させたもの)

つくり方

材料をブレンダーで攪拌する。

(2019.2.18 福田カレン)

書籍案内

新刊「魂の医療―これからの時代に必要な視点、価値観、療法を探る」が1月20日に発売されます。エネルギー医療の最先端で活躍する10人の方々へのインタビュー集です。

魂の医療

福田カレン
通訳者・翻訳家、ライター、メタ栄養学研究者、フルータリアン、フルーツ・オブ・エデン主宰。
NY・マンハッタンとロンドン・シティでの就業約5年。日本に帰国後通翻訳者としてのキャリアをスタート。金融機関やITコンサルで経験を積む。体調を崩した30代後半、アメリカとイギリスの教育機関でオルタナティブ栄養学資格取得。その過程でフルータリアン栄養学に出会い、以来実践を続ける。
著書 「デトックスの極意 ― 最強のアンチエイジング 」「魂の医療―これからの時代に必要な視点、価値観、療法を探る」

★amazonで購入する⇒魂の医療 ― これからの時代に必要な視点、価値観、療法を探る



ヘンプショップ

麻のある新しいライフスタイルの提案
国内では希少な麻のフラワーリング・エッセンスのほか、麻の実ナッツ(ヘンプシード)、ヘンプオイル、麻炭パウダー、靴下、ふんどし etc.

もっと見る