不安神経症かも? イライラや不安感と不定愁訴が続いたら…

life_23_mika(1)

イライラ、不安感には初期症状が表われにくく、ジワジワと心に浸透していきます。
イライラ感は、体内を自由に動き回るべきエネルギーが抑圧された状態であるのに対して、不安感は、自分自身の存在感がなくなりかけるほどエネルギーが減少していく状態と考えることができます。
イライラや不安が慢性的に続くと不眠症や下痢、めまい、肩や首のこりなど不安神経症の症状が起きてきます。

人は生まれつき両親からもらったエネルギー(先天の気)と、生まれてから蓄えたエネルギー(後天の気)の二つのエネルギーによって生きています。
先天の気は別の表現をすると「生命力」、「抵抗力」とも言い替えることができます。こうしたエネルギーはもって生まれたものなので、それ以上増えることは少なく、むしろ年齢とともに減少していくばかりです。そのため、年をとるとエネルギーが不足して精神が不安定になり、不安障害が生じたり、臆病になったりしてくるのです。

後天の気は食べ物と呼吸によって作られますから、長期間にわたって不摂生を続けていると、後天の気を十分に作ることができず不足してきます。
現代人の生活は自然からかけ離れているため、エネルギーの消耗が多すぎるので、意識をして気を増やす生活をしていかなければなりません。

現代医学にはこのような概念がありませんから、不安感を訴える人の治療は、興奮神経の働きを活発にさせる薬を服用し、不安感を忘れさせ、自信を回復させることで治癒をめざします。
ところが、薬を飲んでももともとの気(エネルギー)は不足したままなのですから、一時的には気分が高揚して良くなったようにみえても、薬が切れるまた不安になり、基本的な解消にはなりません。
また薬に頼る体になってしまうと、無理に興奮状態を強いられているのですから、その反動で疲労感が表われて、薬が切れるとますます不安感に襲われてしまいます。
現代薬はどうしても辛い時にだけ飲むようにして、量を増やさないよう心がけましょう。

不安感を根本から解決するためには、「気」の充実をはかる必要があります。

対策

精神を安定させるのに良い食べ物

ユリ根、セロリ、シソ、春菊、里芋、レンコン、アサリ、カキ(貝)、ゴマ、ナッツ類
※これらの食べものは不安感、イライラ、不眠、更年期障害などに効果があります。
※逆に控えた方が良いのは砂糖です。

呼吸法

一息でできるだけ大きく吸い、すばやく吐きます。これを2~3分繰り返します。これをリズミカルにやることで活力が湧いてきます。
また、大きく息を吐きながら、手の力を抜いて手首を30回ぐらい振ると神経がリラックスしてきます。

電磁波対策

高圧送電線、変電所、家電製品などから発生する超低周波と、携帯電話や電子レンジからでるマイクロ波のことを有害電磁波と言い、これらが脳波のリズムを乱し、不安感や精神的落ち込みを増し、鬱病などを引き起こすと言われています。
→電磁波対策グッズ http://www.optimal-qol.net/


(編集室)